今月の5-5は節分任務の条件を満たすことから、先月に続いて長陸奥編成での中央下ルートで攻略した。

【編成】
21年1月5-5編成

 出撃開始時は旗艦以外全キラ。
 旗艦はキラの状況次第でローテ。射程調整は忘れずに。
 フレは小口径gfcs2本にジョン砲改を積んでみた。
 熊野は夜戦連撃構成にしてみた。あと限定グラのうちに指輪を投げたった。本当は去年の限定グラ時に投げるつもりだったが、気づいたら通常グラに戻っていてタイミングを逃していた。夜偵発動率や観測項関連でのサポートに期待。
熊野Lv100-2



・支援
 最近はデイリー開発で天山レシピを回し、デイリー改修では艦爆しか叩いていないせいか、弾薬に余裕があるため支援をフル活用した。弾薬の消費は本隊と合わせて1出撃で4桁いかないくらい(適当)
21年1月5-5編成前衛
 前衛支援。戦艦は主砲3電探1。

21年1月5-5編成決戦
 決戦支援。重巡は主砲3電探1。駆逐枠は適当。


【出撃記録】
21年1月5-5記録
・出撃結果
 出撃7回、旗艦撃破5回、A敗北1回、撤退1回。
 タッチの発動率は4/10。出撃3,4回目の旗艦は長門でそれ以外は陸奥。
 ボスはレ級入り4回で3勝1敗、それ以外で2勝と編成の引きは少し悪かったが、交戦形態には恵まれていたので助かった。
 A敗北時は夜戦開始時に有効打点が1枚で、敵が上3隻が残った状態で姫もほぼ無傷だったため勝ち目はなかったが、D敗北したくなかったので夜戦で無理やりA敗北に持ち込んだ感じ。
 撤退はエリツの連撃による暁大破。複縦で強編成を引いたのと、支援の刺さり方で下振れしたのが痛かった。


【雑感】
 節分任務に合わせて週に1,2削り程度のまったり攻略だったが、個人的には一気に削り切るよりも毎週3出撃で1,2回削るくらいのつもりで取り組んだ方がメンタルに易しい気がする。

 偶々かもしれないが、陸奥旗艦時のタッチ発動率が2/8と先月に続いて低め。長門旗艦時は初手でタッチが出ているが、陸奥旗艦では初手タッチが出ていないので、指輪を投げる予定。

 イベントでも長陸奥編成が選択肢になる場合は、まずタッチが出ないと話にならないので、タッチ発動率の底上げはイベントでも5-5でもメリットがあるので、指輪を投げても良いかなっていう。